世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> シックハウス > 壁紙より無垢材の方が危険?-リスク評価-  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁紙より無垢材の方が危険?-リスク評価-

2009 - 03/20 [Fri] - 18:57

食品から残留農薬が検出されることがあります。
中国産の野菜や加工品に不安を感じている方も多いでしょう。
ただし、【検出される=食べると危険】っていうことではありません。
よくこんな説明を耳にしませんか?

今回検出された量は、毎日食べたとしても健康上問題のない量です

これを聞いて、有名な”文化人”がテレビで怒っていた。

そんなことをいうなら、「お前が毎日食べてみろっ」ていいたいですね!

確かに、残留農薬が検出されたなんて聞いていい気はしない……
残留農薬を批判すれば、消費者は「そうだ、その通り!」って思うでしょう。
そうして”文化人”は拍手喝采を浴びるわけですが、
実は”文化人”の方が間違っています!
マスコミも含め、日本の”文化人”は悲しいぐらい化学物質に疎い(=_=)

一生涯、毎日摂取しても健康上問題のない量は綿密にはじき出されています。
もちろん農薬ばかりでなく、それ以外の化学物質でも同じ。
これを耐容1日摂取量(TDI)といいます。
農薬の場合には許容1日摂取量(ADI)といいますが、
要は耐容1日摂取量と同じことです。
一般的に[mg/kg/日]という単位が用いられ、
体重1kgあたり1日に摂取しても差し支えのない量をあらわします。

図をクリックすると拡大します
耐容1日摂取量
化学物質には毒性の生じないエンドポイントがあります。
それ以下の量なら解毒して排泄できるからであり、これを【閾値】といいます。
化学物質のリスク評価を行う際には、
実験動物に量を変えて強制投与することで割り出された【無毒性量】が用いられます。
ただし、これをそのまま人間に当てはめるわけにはいきません。
人間の場合にはもっとたくさん曝露しても大丈夫かもしれませんが、
リスク評価という性格上より安全サイドにたち、
実験動物より【閾値】が低いという前提で考えるのが普通です。
その場合、人間と実験動物の違いで10――
同様に個々人の感受性の違いを考慮して10――
合計100の不確実係数で【無毒性量】を割った値を人間にとっての安全量とします。
こうしてはじき出されるのが【耐容1日摂取量】です。

もちろん、不確実係数には何の根拠もありません。
人間を使った”人体実験”ができない以上、
一生涯毎日摂取しても健康上の問題を生じさせないために、
十分な安全マージンを確保しているわけです。

【TDI】や【ADI】がいかに安全性に配慮した値であるか理解していただくために、
一例としてエタノールを考えてみましょう。 つまり、お酒ですね
エタノールの【ADI】は算出されていませんが、
”公式”通りはじき出した場合には0.25mg/kg/日程度になるという指摘があります。
これを日本酒に換算すると……

日本酒の許容1日摂取量は0.1mL――です。

ところが日本酒の適量は1合(180mL)/日とされており、
これは【ADI】の1800倍にもなります。
人によってはさらに大量の日本酒を嗜んでいるでしょう。
だからといって、これを問題視する人はいません。
その理由はデータが豊富だから!
人間が何千年にもわたって”人体実験”してきたおかげで、
経験的に「ここまでなら死なない」っていう量がわかっているからです。
これを逆に考えれば……

化学物質のリスク評価では、非常に大きな安全マージンが確保されている

【TDI】や【ADI】っていうのは、ものすごく安全な”指標”なのです。

人間の暮らしは、化学物質のリスクと無縁ではありません。
それは現代に限った問題じゃない!
身の回りを有害な化学物質に囲まれてるなんていうと不安になるでしょうが、
少なくとも、曝露量もしくは摂取量が【TDI】や【ADI】を下回っているなら
健康上の問題は生じないといえるわけです。
事実、そうやって人間は化学物質と”共存”してきました。

ところが、こうしたリスク評価に(?_?)っていう方があまりにも多い。
特に日本人には馴染みにくいようです。 
合成物質なんていうと微量でも目くじらをたてて大騒ぎする一方で、
天然物質は大目に見ちゃう! 天然、バンザイ\(^o^)/

壁紙よりも無垢材の方が危ない!

そんなことをいっても、ほとんどの方は混乱しちゃう。
でも……冷静にリスク評価すればそうなるんです!!!

 壁紙から揮発する可塑剤のリスク

壁紙、つまりビニルクロスからは可塑剤が揮発します。
そのリスクはどの程度なのか?
フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)を例にとって紹介しましたが、
もう一度復習してみましょう。

フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)の【TDI】は37μg/kg/日です。
東京都衛生研究所の調査では、
一般家庭の室内空気中の最高濃度は2.4μg/㎥でした。
仮にこの濃度に24時間曝露され続けるとすると、
室内空気から摂取するフタル酸ジ(2-エチルヘキシル)の量はこうなります。

2.4μg/㎥×20㎥/人/日=48μg/人/日

ここでは、1日の呼吸量を20㎥として計算しています。
さらに平均体重を50kgとして、体重1kgあたりの曝露量を計算すると……

48μg/人/日÷50kg/人=0.96μg/kg/日

これを【TDI】と比較すれば、

壁紙から揮発するフタル酸ジ(2-エチルヘキシル)だけで健康被害は生じない

このようにリスク評価できるわけです。

 無垢材から揮発するテルペンのリスク

無垢材は大量の揮発性物質を放散しています。
中でもピネンとリモネンが顕著ですが、
これらは天然の化学物質である上に低毒性と考えられることから、
ほとんど科学的なリスク評価がなされていません。
ただリモネンは有機溶剤として工業的にも利用されていることから、
わずかながら動物実験が行われています。
その結果わかった肝臓への影響を指標として、
リモネンの【TDI】を100μg/kg/日と見積もる指摘があります。

一方、室内空気中のリモネン濃度はどれくらいでしょうか?
旧厚生省が平成9年と平成10年に行った全国実態調査では、
リモネンの最大濃度は500~700μg/㎥に達しています。
特に無垢材を多用した住宅で高濃度になる傾向があり、
約900μg/㎥にも及んでいた例があります。
こうした例を参考にして、
無垢材を使った家の濃度を500μg/㎥としてみましょう。
そしてこの濃度に24時間曝露され続けるとすると、
室内空気から摂取するリモネンの量はこうなります。

500μg/㎥×20㎥/人/日=10000μg/人/日

ここから体重1kgあたりの1日摂取量を求めると……

10000μg/人/日÷50kg/人=200μg/kg/日

これを【TDI】と比べてみて!
すると、室内空気から【TDI】以上のリモネンを摂取しちゃうことがわかる(>_<)
もちろん、
だからといってすぐに健康被害が生じるわけじゃ~ありません。 お酒の場合と同じこと
でも偏見を交えないでリスク評価すると……

無垢材をふんだんに使った家ではリモネン濃度に注意が必要

こうした点を踏まえて、

無垢材を過信しちゃいけない――

私は口を酸っぱくして注意を促しているわけですが、
まだ「そんなはずあるわけない!」って思いますか?
台所用食器洗剤
室内のリモネン濃度を押し上げる要因は無垢材ばかりではありません。
芳香剤・シャンプー・化粧品にも、リモネンが【香料】として用いられています。
また油汚れにをよく落とすことから、家庭用洗浄剤にも利用されます。
写真の台所用中性洗剤には「オレンジピール成分」が配合されていますが、
オレンジピールとはオレンジの皮であり、その主成分はリモネンに他なりません。
このような日用品をたくさん使用するご家庭の場合にも、
室内のリモネン濃度が高くなるのは当然です。

化学物質と上手に付き合っていくためには、
冷静かつ科学的に考えていかなければなりません。
ところが、

合成された化学物質は危ない! 天然の化学物質なら安全!

こういう単純で非科学的な思い込みが幅を利かせ過ぎているように思えます。
おそらく世の中に……

その方が商売しやすい――っていう方が”わんさか”いるからなんでしょう(=_=)

そして、うさんくさい【自然住宅】のなんと多いことか!


ブログランキングに参加しています。
ぜひとも、↓を1回づつクリックしていただきますようお願いいたします

人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/126-98b4877f

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。