世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 化学のお勉強 > お馴染みさんは名前もいっぱい!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お馴染みさんは名前もいっぱい!

2009 - 04/25 [Sat] - 22:48

今朝ニュースを聞いていて「はっ!」っと気づいたんですが、
もう大型連休の始まった方もいるんですね~  何連休? 
それなのに、寒い
確か2月には「夏日」がありましたよね?
それなのに4月末にこの寒空です……
いつも感じるんですが、やっぱり気候が変(>_<) これも温暖化のせいでしょうか?

さて昨日は、アルコール→→アルデヒド→→カルボン酸を紹介しました。
この【3点セット】にも、ちゃん~んと命名ルールがあります。

 アルコール(alchol)の公式ルール

ルール1 対応するアルカンの名前の末尾を「-e」から「-ol」に変える
       methan-e→→→methan-ol  メタノール
ルール2 対応するアルキル基の名前に、そのまま「-alchol」を足してもOK
       methyl+alchol→→→methyl-alchol メチルアルコール

 アルデヒド(aldehide)の公式ルール

ルール  対応するアルカンの名前の末尾を「-e」から「-al」に変える
       methan-e→→→methan-al  メタナール

 カルボン酸(alkanoic acid)の公式ルール

ルール  対応するアルカンの名前の末尾を「-e」から「-oic acid」に変える
       methan-e→→→methan-oic acid メタン酸
       ただし日本語では、対応するアルカンの名前に「-酸」を足すだけ

一応、これが”正式”なルールです。
これだけならスッキリしていて、とっても簡単\(^o^)/
ところがカルボン酸は自然界に広く存在するため、
古い時代から人間に慣れ親しまれてきました。
カルボン酸のことを脂肪酸ともいいますが、
その名の通り「脂肪」であり「油」の成分なんです。 食と深いつながりがある!
そんな身近な化学物質であったからこそ……

カルボン酸はむしろ慣用名で呼ぶケースが多い――のです。

そこで、代表的な飽和カルボン酸の慣用名を【表】にまとめてみました。
C11、C13、C15のカルボン酸が空白なのは、
自然界にほとんど存在していないからです。
C17も本来なら”欠番”なんでしょうが、
バターの代用品として作られた「マーガリン」に含まれることから慣用名があります。 

図をクリックすると拡大します
脂肪酸の名前
短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸――と呼ぶことがありますが、
これはカルボン酸の炭素の数による区別です。
はっきりした決まりがあるわけではありませんが、
C3~C7なら【短鎖】、C8~C10なら【中鎖】、C12以上なら【長鎖】と呼びます。
C1の蟻酸とC2の酢酸が含まれないのは、両者が脂肪として用いられないからです。
ちなみに、アルコールも炭素数によって分ける場合があります。
炭素数が少ないものは【低級】といい、反対に多いものは【高級】といいます。
あくまでも炭素数の違いであって、グレードを意味するわけではありません。

一覧をご覧になってどうですか?
ニックネームのオンパレードでしょ?
機械的な命名と違って、その一つ一つに”意味”があります。

「カプロン酸(C6)」「カプリル酸(C8)」「カプリン酸(C10)」と、
”カプ○○○酸”っていう言葉が目立ちますが、
これは「ヤギ」を意味するラテン語【capra】に由来しているそうです。
昔の人にとって、ヤギが身近な家畜だったことを物語ります。

「ラウリル酸(C12)」は石鹸に関心のある方ならよくご存知のはず!
ヤシ油に多く含まれる成分ですが、
由来は月桂樹 Laurus nobilis にあるそうです。
なるほど、「ローレル」が転じて「ラウリル」なんですね。 納得

「ステアリン酸(C18)」は自然界に最も多い飽和カルボン酸です。
そこで名前もズバリ! 「脂肪」を意味する【stear】に由来しています。
脂肪の中の脂肪――ってわけです。

こういう語源を調べるのは楽しいんですが、
規則性がないので名前は覚えるしかないのが辛いところ……(+_+)
その上、アルデヒドの慣用名とも深い繋がりがあり、

アルデヒドも慣用名で呼ぶ方が一般的――なのです。

 アルデヒド(aldehide)の特別ルール

ルール  対応するカルボン酸の慣用名末尾を「-ic acid」から「-aldehide」に変える
       form-ic acid→→→form-aldehide ホルムアルデヒド
       acet-ic acid→→→acet-aldehide アセトアルデヒド
 
ほらね、ようやくホルムアルデヒドアセトアルデヒドの名前が出てきました!
2つとも室内濃度の【指針値】が定められている代表的な汚染物質です。

ここまでくれば、だいぶ化学物質の区別ができるようになったでしょ?
特に「○○○ノール」と「○○○ナール」の違いに注意しましょう!
さらにここで説明したのは飽和カルボン酸(-ane)の場合だけど、
不飽和(-ene)でも正式ルールは同じだから応用してみてください。 
それじゃ~、次の化学物質の構造を考えてみましょう。

】 1-ペンタノール(ペンタン-1-オール) 
】 ペンタナール(ペンタン-1-アール) 
】 2-ペンテノール(2-ペンテン-1-オール) 
】 2-ペンテナール(2-ペンテン-1-アール)

1.ペンタンはC5のアルカン。一方、ペンテンはアルケンだから二重結合がある――
2.「○○○ノール」はアルコール、「○○○ナール」はアルデヒド―― 
この2点に注意して、後は数字どおりに”パーツ”を配置していきましょう。

          

          

          

          

          

          

          

          

          

          


わかりましたか? 答えはこうなります 

ペンテン-アルコール・アルデヒド

もちろん、わからなくってもガッカリする必要なんかぜ~んぜんありません。

化学物質では1文字の違いがとっても大きい

このことを知っているだけでも、十分凄いことだと思いますよ



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。

スポンサーサイト

こんにちは

家作りに関していろいろブログを見てたどり着きました。
私はワンちゃん飼ってるんで、なかなか情報ないんですけど、昨日の産経新聞に記事出てたので、ご参考までにどうぞ!

「愛犬家住宅コーディネーター資格登場 進む、犬と暮らすための住環境整備」
【産経新聞2009年4月24日付】
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090424/sty0904240746001-n1.htm

私も勉強しようかしら...

こんにちわ

コメントをいただき、ありがとうございます。
産経新聞の記事、興味深く拝見させていただきました。

槻岡建設のお客様の中には、
室内でワンちゃんを飼っていらっしゃる方もいます。
人間にとって快適な家は、
ワンニャンの健康にも良いみたいですよ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/156-873a64e9

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。