世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 地球温暖化 > 地球に優しい家の目印  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に優しい家の目印

2009 - 05/08 [Fri] - 19:17

一頃、こんなジョークが世間を賑わせました。

とある客船が沈没しかけていました。
困ったことに脱出ボートが足りません。
子供・老人・女性の救助を優先して、
男性には厳寒の海に飛び込んでいただくしかありません。
そこで、どう言えばスムーズに海に飛び込んでもらえるかっていうお話でした。

イギリス人にはこういいます。 「こういうときに飛び込むのがジェントルマンです」
ドイツ人にはこういいます。 「海に飛び込むのが規則です」
イタリア人にはこういいます。 「ついさっき、美女が飛び込みましたよ」
フランス人にはこういいます。 「危険ですから、飛び込んじゃダメです
アメリカ人にはこういいましょう。 「ここで飛び込んだら、あなたはヒーローです」

この話をはじめて聞いたときには思わずニヤッとしちゃいましたが、
なんでも【沈没船ジョーク】って呼ぶみたいです。
短い言葉の中に、それぞれの国民性を言い得ている!
では日本人にはなんていえばいいでしょう?

他の皆さんは、もうとっくに飛び込みましたよ

これを聞いた日本人は、
遅れてはならじと慌てて海に飛び込む……だろうね、ゼッタイ(*^_^*)
だって、日本人だもの

さて、次は住宅の省エネ基準のお話――

早急に次世代省エネ基準を義務化するべき

そう考える人は少なくありません。
その中から、今日は気候ネットワークを紹介します。
気候ネットワークは地球温暖化防止のために活動している市民団体です。
設立されたのは1998年4月。
京都会議を市民サイドから支援した気候フォーラムの活動を継承しています。
この気候ネットワークが2006年9月に発表した報告書があります。

気候ネットワークレポート
図をクリックすると「報告書」が開きます

報告書のタイトルは『2020年の30%削減社会ビジョンを描く』――
興味深いことに、
政府が策定を進める「中期目標」と同じ2020年までの削減ビジョンです。
「中期目標」はかなりゆる~い目標になりそうな予感がします。
そんなことになれば世界から失望され、失笑を買うことになるでしょう。
へべれけになって記者会見した大臣さんどころの話じゃございません。 トホホ(=_=) 

これに比べて2年以上も前に公表されたこの報告書では、
温室効果ガスを2020年までに1990年比30%削減することを目指しています!

(気温上昇を2℃未満に抑えるためには)先進国は2050年代までに1990年比60~80%程度の削減をしなくてはならない。その通過点である「30%削減」を実現する社会は可能な限り早期に実現する必要があり、私達はそれを2020年と考えた。

このような”ねらい”を踏まえて、
30%削減を達成する非常に緻密なプログラムを提案しています。
エコバッグを使う程度で”エコ”だと思ってる方は、ぜひ一度読んでみてください
口でいうのは簡単ですが、
CO2の削減がいかに大変なことなのかよ~くわかります。

報告書では、住宅に対しても総合的な削減ビジョンを示しています。
その中の重要な柱の一つが、
新築住宅における【次世代基準】の義務化なんです!
80頁に次のように書かれています。

現行の次世代省エネ基準を直ちに義務化し……

いいですか?
直ちに義務化しましょう」といっていたのは2006年のお話です。
それからすでに2年以上の歳月が過ぎています。
【次世代基準】はまだ義務化されていませんし、
国交省にその積もりもないことはすでに紹介した通りです。

今ならまだ間に合いますから、早急に義務化すべきでしょう。
もしお役人のメンツがあって「ゼッタイに義務化しない」っていうのなら、
せめて省エネ住宅を率先して建てていただけるような誘導措置を講じるべきです。

それなら、すでに手を打ってありますけど……

平成21年度の税制改正で過去最大規模の住宅ローン減税が実現しました。
もうみなさんご承知でしょう。
省エネ性能にも秀でた【長期優良住宅】の場合には、
最高600万円が控除されます。

「へぇ、国もやるじゃない」って拍手喝采。そして、”中味”を見てガッカリ(=_=)
あなたね~、どこぞのお大尽でもあるまいし、
一体誰が5000万円も借金するの! 感覚ずれずれです
たくさんローンを組む方がお得――って、再びローン破産予備軍を作る積もり?

それよりも、省エネ住宅の固定資産税を優遇したらどうですか?
自動車の重量税と同じ発想です。
CO2をちょっとしか出さない家は地球を”痛めない”わけだから、
その分固定資産税を安くしてやるんです。
もちろん、建てた翌年だけなんてケチ臭いことは言わない!
家が建っている限りずーっとです。
そうしたら、みなさん競って省エネ住宅を建てると思うよ。

財政難の折、減税が難しいっていうなら知恵を絞りましょう。
たとえば、省エネ性能のラベリング制度を導入するのはいかが?
アメリカのエネルギースター(energy star)みたいにね!

エネルギースター制度
エネルギースターは1992年に環境保護庁(EPA)が中心となって開始された制度です。
もともとの狙いはパソコンなどオフィス機器の省エネでしたが、
現在では40以上の商品カテゴリーに拡大され、住宅もその対象になっています。

連邦国家であるアメリカでは、州や市町村単位で省エネ対策が実施されています。
省エネ基準は日本より厳しく、中でも開口部(窓)は2倍以上の性能基準です。
最近では省エネ基準を強制実施する地域が拡大していますが、 
エネルギースターの認証を得るにはさらに高い省エネ性能が求められます。

環境保護庁(EPA)の報告書によれば、
2004年に建てられた住宅の10%がエネルギースターの認証を受けたということです。
京都議定書から抜けて温暖化対策に消極的と批判されてきたアメリカですが、
国内的には省エネ対策をしっかり進めていたんですね~
オバマ政権となり、今後さらに加速するのではないでしょうか。

エネルギースターホーム
エネルギースター住宅には、EPAの認証ラベルが家ごとに交付されます(1)
ユーザーが省エネ住宅を手に入れたいと思ったら、
このラベルが貼ってあるかだけを確認すれば良いのでとても簡単(2)
アメリカではエコを重視する購買行動が広がりを見せており、
エネルギースターを選ぶユーザーが増加しているといいます。
外壁にプレートを埋め込んで自慢したくなるのはアメリカ人も同じみたいです(3)

日本でもハイレベルな基準を満たした家は地球に優しい家って認証しましょう。
そして、玄関の目立つ場所にラベリングするんです。
NHKのシールみたいにダサい奴じゃダメですよ! 
誰もが貼りたくなるような、めちゃくちゃカッコいいラベルの方が効果的です。
そうすれば、このラベルが地球に優しい家の目印。
難しい話なんかわからなくても一目瞭然でしょ?

他の家には付いているのに、もし自分の家に付いていなかったら……

お父さん、どうして僕の家にはカッコいいマークが付いていないの?

子供に訊かれたら、なんて答えましょ?
自分の家が地球に優しくない家なんて、誰だって体裁が悪いのです。

古来より、日本人は体面を重んじてきました。
名誉と言い換えてもいいでしょう。
税制上の優遇をぜひとも実現して欲しいと思いますが、
”心理作戦”も意外に効果的なんじゃないでしょうか?
まさに、【沈没船ジョーク】です。

自分も省エネ住宅にしとかなくっちゃ\(^o^)/

ぜひそうしちゃってください

最後に、
気候ネットワークの報告書をもう少し見ておきましょう。
温暖化を阻止するためには、直ちに【次世代基準】を義務化する必要があります。
ただし、これはあくまでも”過渡的な措置”に過ぎません。
間髪をいれず、より厳しい省エネ基準の策定を提案しています。

1999年の省エネ法改正により制定された現行の「次世代省エネ基準」を改め、性能基準に限らない住宅の総合効率向上を目指す新しい基準を制定する(これを仮に「”新”次世代省エネ基準」と呼ぶ)。現行の省エネ基準を直ちに義務化しつつ、”新”次世代省エネ基準は導入時には経過的な措置として努力義務とし、導入2~3年後(2010年頃)には住宅の新築及び増改築時の義務(その後の維持を含む)とする。

2010年って、もう来年です。 ゼッタイに実現不可能ですね(+_+)

ただし【次世代基準】が温暖化防止基準ではないというのは、
多くの研究者も指摘していることです。
欧米のような全館冷暖房をするようになって、
かえってエネルギー消費量が増大しかねないのです。
その点を踏まえれば……

全館冷暖房を”標準”とし、それでいて今よりエネルギー消費量が少ない家

それが【”新”次世代基準】が目指す家の姿でなければなりませんし、
こういう家にこそカッコイイ勲章が相応しいのです。



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/168-fbb8e069

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。