世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ”まにあっく”な雑学 > 加湿器を比べよう!-その1-  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加湿器を比べよう!-その1-

2008 - 11/25 [Tue] - 12:35

昨日のお約束。
今日は加湿器をマニアックしてみます。

いい所に水を発見!
加湿器は猫に水をやる道具ではありません。
危険ですから真似をしないで下さい……なんてね
これはタンクの水を交換している間のひとコマ。
普段は水なんか飲めないようになっていますからご安心下さい。

加湿器のタイプは大きく分けて3つです。

1.超音波式
2.加熱式(スチームファン式)
3.気化式(ヒーターレスファン式)
4.ハイブリッド式

あれ? 4つじゃないの……

そうなんです。4つです。
ただし、最初の超音波式は問題児なんです。

超音波式とは……

超音波の振動によって水を細かく破砕し、
それを霧のように吹き出す加湿器です。
やっているのは、部屋の中に水を撒いているのと同じこと。
最初に流行った加湿器がこれでした。

しかし、水道水にはカルシウムなどのミネラル分が含まれています。
超音波式は、このミネラル分も部屋の中にまき散らしてしまいます。
家具やテレビが真っ白になるでしょ?

それより問題なのは細菌の問題!

加湿器内にたまった水には雑菌が繁殖します。
特に注意したいのがレジオネラ菌です。
超音波式はこういった細菌までばら撒いてしまうのです。

そうなると、
加湿器が原因となって肺炎になる危険があるわけ。
実際、命を落とされた方もいるんですよ (>_<)こわすぎます

そんな危ない商品を、私は【加湿器】とは認めません。

だから超音波式は除外して、
残りの3つを【加湿器】と分類します。

加熱式とは……

超音波式の問題を知り、
家内が最初に発売された加熱式加湿器を買ったのを覚えています。
もう10年以上も前のお話で、
確かシャープ製だったと思います。

加熱式は水をお湯に温めて加湿します。
湯気みたいなもんだと考えて下さい。
加熱するので細菌は死んでしまいます。

とっても衛生的 \(~o~)/

ただし短所もあります。
電気ポットのようなものですから、
小さいお子さんのいる家庭では火傷の注意が必要です。

猫を飼っているお宅も同じ。
いくら「危ないよ!」と教えても、”猫耳東風”ですもんね~
飼い主が注意してやるしかありません。

そしてもう一つ。
お湯を沸かすのでメチャクチャ電気を食います。
だいたい400~500Wもの消費電力とお考え下さい。

たとえば500Wの場合の電気代は次の通り。
※電気代は1kwh=23円で計算

1時間の電気代・・・・0.5×23=11.5(円)
1日8時間使うと・・・・11.5×8=92(円)
毎月の電気代は・・・92×30=2760(円)

結構いってるでしょ?
それもそのはず
加熱式加湿器の消費電力は
あんなちっこい図体のくせに37型液晶テレビの2台分に相当します。

電気代がバカになりませんーーーー(T_T)

おまけに、火災の心配もあるなんていったらどうする?
私の家で使っていた加熱式加湿器は、
ある日突然コードがショートして煙を吹きました。
ハッキリいっちゃうけど、日立製でした。

ただし他社でもこんなケースがあります。
何も日立だけの問題ではないみたいですね。

家が燃えちゃったら、それこそとんでもない出費になります

それでは気化式とは……

小さなファンを利用して、
湿り気を含ませた空気を吹き出します。
加熱式との違いは水を温めないこと。
簡単にいえば、
家の中に洗濯物を干すようなもんだと思って下さい。

家の中の湿度が低いと洗濯物もあっという間に乾きます。
しかし湿度が高くなると、乾きにくくなりますよね?
それと同じように、
部屋の湿度が十分になると
気化式加湿器は”乾きにくく”なります。

つまり、加湿しすぎる心配がありません

加熱式に比べて加湿能力は劣りますが、
「FPの家」にはむしろ好都合。

ちょっとずつ、ず~っと加湿する

これが「FPの家」にお似合いの加湿方法なんです。

でも……、そうなると電気代が心配です。
気化式加湿器の消費電力は20~30W程度。
30Wとして一体どれくらい電気をくうのでしょうか?

1時間の電気代・・・・0.03×23=0.69(円)
丸1日使っても・・・・・0.69×24=16.56(円)
毎月の電気代は・・・16.56×30=496.8(円)  約500円也ーーーー

どうですか?
この電気代の安さこそが気化式加湿器の最大の特徴です。
私の家なんか、けちって”弱運転”しているので、
同じ使用条件でも1ヶ月にたった132円ですみます。
肝心のお湿りは、「FPの家」なら”弱運転”でも十分十分。

気化式なら安心して”ず~っと加湿”できます

■最後にハイブリッド式って……

トヨタ自動車の『プリウス』みたいでなにやら良さそう。
でももちろん関係ありません。
簡単にいえば、
加熱式と気化式をミックスしたのがハイブリッド型です。

普通の隙間の多い家を加湿するには
相当な加湿能力が必要です。
そこで湿度が低いときには加熱式でガンガン加湿して、
湿度が高くなったら気化式の”低速運転”に移行します。

加湿器のくせに、かしこいじゃん φ(..)メモメモ

でもそんな”知能”も「FPの家」では宝のもち腐れ。
何より加熱式でも運転するため、
電気もそこそこ消費します。

気化式加湿のときには消費電力は低めですが、
パワフルに加熱式加湿をするときには200~300Wの電力を消費します。
結構、食うんですね~

平均して150W程度と見積もってみると……

1時間の電気代・・・・0.15×23=3.45(円)
1日8時間使うと・・・・3.45×8=27.6(円)
毎月の電気代は・・・27.6×30=828(円)

某有名メーカーのカタログには「1時間5円」とも書いてあるので、
だいたい1000円程度かかると考えれば良さそうです。

総合して……

このような特徴をトータルに考えれば、
「FPの家」にマッチした加湿器は気化式だと思います。
しかし気化式にも、
これまたいろんなタイプがあるので厄介です (+_+)はあ~

中でも代表的なのがボネコベンタ
このような外国勢に加え、
近年になって三菱も高性能の気化式加湿器を投入してきました。

そこで……
次回は気化式加湿器をマニアックしちゃいます (@_@。

まろやか~です
「気化式の水って美味いニャ!」
――って、まだ飲んでたのかい (+o+)



ブログランキングに参加しています。
ぜひとも、↓を1回づつクリックしていただきますようお願いいたします
m(__)m
人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/17-68bb2e1b

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。