世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 地球温暖化 > 「きゅーち」って何だ?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きゅーち」って何だ?

2009 - 05/10 [Sun] - 18:27

こんにちわ猫です(=^・^=)

猫はまにあっくきゃっとを目指しています。
最近も気になることがあります。
お父さんはことあるごとに「家は高断熱住宅にしなさい!」っていうんだけど、
そもそも高断熱住宅ってなんなのさ?
お父さん、猫にもわかるように説明してくれ

猫-1
ええ~、日曜日くらいゆっくりしたいのに!
下手に勉強好きな猫も困ったもんだ やれやれ(=_=)
一言でいえば……

Q値の良い家が高断熱住宅

そう思っておけば間違いない。

にゃんと? たったそれだけか……
それじゃあ、きゅーちってなんなのだ。
おい親父、真面目に説明しろ! って寝てやがる
仕方ない、パソコンで調べるか。


猫-2

    どひぇ~
    こんな【図】を見ても猫にはちんぷんかんぷんです。
    おい親父、起きてくれ!
    これはどういう意味なんだ?


ったく、猫はいつも寝てるくせに(+_+)
それじゃ~、Q値のお勉強をする?

おお、ハリキッテするぞ!

猫-4
猫の見つけてきた【図】を使って説明するよ。

熱損失係数(Q値)の求め方
図は全国地球温暖化防止活動推進センターのウェブサイトからの引用

冬に暖房をすると、熱は暖かい家の中から寒い外に向かって”移動”するだろ?
つまり、熱が逃げるわけだね。
温度差が1℃のとき、1時間で家中から逃げる熱量を合計すると、

QR+QW+QF+QG+QV

この合計熱量を床面積の合計 S1+S2 で割るわけ。
そうすると、家から逃げていく1㎡当たりの熱量が求められる。
これがQ値で、正確には熱損失係数っていうんだ。
単位はW/㎡K。「K」は絶対温度であるケルビン【kelvin】の単位だけど、
温度差を問題にする場合には一般の摂氏温度「」で考えても同じだよ。

何となくわかったような、上手く言いくるめられたような……
壁や屋根から熱が逃げていくのはわかるけど、
なんで【換気】も考えるんだ?


へぇ~、猫ながら”いい所”に気がついたね。
たとえば、すき間風を考えてごらん。
ぴゅーぴゅー入ってくると寒いだろ。
それと入れ替わりに、せっかく暖房したあったかい空気は外に漏れていく。
こういう形で逃げていく熱もあるわけ。
Q値を計算する場合には、【換気で逃げる熱】も含めるんだ。

つまり、隙間風ぴゅぴゅーの家は換気の量も多い。
その分たくさんの熱を無駄にしているというわけだな。
どうりで、いっくら暖房しても寒いわけなのだ。
猫-3
家の中の人間や猫が健康に暮らすには、
最低でも1時間に0.5回の換気が必要だっていわれている。
延べ床面積が40坪(約130㎡)で天井高が2.4mの家の場合には、

130(㎡)×2.4(m)×0.5=156(㎥)

1時間に156㎥の換気が必要というわけだ。

でも、そんなに換気したら熱も逃げるぞ!

確かに、結構な量の熱を捨てている。
ちなみに家の中と外の温度差が1℃のときには……

0.35(W/㎥℃)×156(㎥)×1(℃)=54.6(W)

これを床面積(132㎡)で割れば約「0.4」になるから、
1㎡当たり0.4Wの熱を空気と一緒に”捨てている”ことになるんだ。

ひょえ~、もったいないな
換気なんかしない方が断然”お得”だぞ。


そんなことしちゃゼッタイにダメ!
人間も猫も呼吸しているわけだから、
この熱ロスは【ケチっちゃいけない損失】なんだよ。
それとついでに言っておくけど、換気の熱損失って馬鹿にならない。
換気だけでQ値が「0.4」も悪くなっちゃうわけだから、
中にはこの分を含めないで【Q値】を出している業者もいるんだ。
そうすれば、【Q値】を「0.4」も水増しできるからね。

それって詐欺と同じだぞ
まったく、人間の世界は恐ろしいな。
 猫は騙したりしないぞ

これでわかったろ? 

いや、まだ疑問があるぞ。
なんできゅーちとやらが、家によって違っちゃうんだ?
 

へぇ~、まにあっくらしくなったね。
とことん疑問を突きつめる姿勢は猫ながら感心、感心。
一番の理由は、断熱材が違うから。
断熱材の種類や厚さの違いがQ値の違いになって表れると考えてOK。

今度はだんねつざい? 何だそれ?

壁の中なんかに入ってるよ。
熱を通しにくい素材だから、家から熱が逃げるのを防いでくれるんだ。
発泡ポリスチレンも断熱材として使われているぞ。

おお、猫の大好きな”あれ”か。
確かにだんねつざいの中はあったかいな。


猫-5

Q値の良し悪しは、熱を可視化するサーモグラフィで比べれば一目瞭然!
断熱性能の低いQ値の悪い家は赤色や黄色に映る。
反対にQ値の良い高断熱住宅は青色や黄緑色。

さーもぐらふぃって、身体の体温を見るやつだな。 
青色ってことは冷たいってことだったよね。
”冷え性”だからかえって良くないんじゃないのか?


人間の場合はそうだけど、家の場合は逆。
赤く映るってことは家の中から熱が逃げてるからだろ?
熱を逃がさず無駄がないほど青く映るってわけだ。

ムムム、きゅーちの悪い家は病気で熱を出してるってことか。

猫だって身に着けている”断熱材”はさまざまだろ?
いわばQ値が違うっていえるんじゃない?

へっ、どういう意味だ

スフィンクスっていう猫がいるんだけど、
この猫は品種改良されて毛が全く生えない。 すっぽんぽんってわけ
寒さに弱いので、飼う場合にはえらく気を遣うらしいぞ。
それに比べ、猫は北欧生まれのノルウェージャンだから毛がふさふさしている。
おまけにダブルコートになってるから寒い冬でも体温を逃さない――
だから寒さに強いわけだ。 詳しくは、こちらをご覧ください 

にゃるほど。
猫-6

猫にはとってもわかりやすい説明だぞ。
スフィンクス君はきゅーちが悪い猫で、
ノルウェージャンはきゅーちの良い猫ってわけだな。


まあ、そんなところだ。

”高性能猫”だから、ノルウェージャンは寒さに強いのだ。 えへん、凄いだろ
猫-7
けっ、いつもストーブの上で舟を漕いでるくせに……



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/170-b6555328

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。