世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 住まいの医学 > うつ病は脳のオーバーワーク  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病は脳のオーバーワーク

2009 - 09/01 [Tue] - 23:59

こんにちわ。
現代は情報化社会です。
膨大な情報が氾濫しています。
ただし、その質は千差万別ではありませんか?
中には信憑性に欠ける情報もありますし、
人を騙そうと意図的に嘘の情報を流すケースさえあります。

こうした玉石混交の情報の中から、
本当に有益な情報を拾い出すのはとても大変です。
でもそれを怠ると、
かえって情報に振り回されかねません。
何が真実なのかかわからなくなってしまうのです。
挙句の果て、決断を誤ったら手痛いダメージを蒙ることになります。

さて、昨日の続きです。
人間は大脳を巨大化させました。
そのおかげで、大量の情報を処理できるようになりました。
しかし、それにも限界があります。
転送されてくる感覚情報を全てクソ真面目に受け入れていたら、
いくら人間の脳でも処理しきれません。
それこそ、オーバーワークになるのです。

だから、適当に”無視”します。
”適当”なんていうと無責任に聞こえますが、
情報をフィルターにかけて選別するのです。
このようなふるい分けを意識的に行えば、
重要な情報の処理だけに集中することに他なりません。
これが注意という機能です。

しかしそれ以前に、
情報は無意識下でも選択されています。
考えてもみてください。
今あなたの頭の中にはどんな情報が意識されていますか?
集中していればいるほど、
パソコンの文字だけしか頭にないはずです。

しかし周囲の気配に意識を移せば、
それこそ膨大な情報を感じ取ることができるでしょう。
風の音、通りを走る車のエンジン音、人の話し声も聞こえてきます。
パソコンのキーボードの熱さも感じます。
床のひんやりした冷たさも心地よい。
お隣さんがお風呂に入っているのでしょうか?
ほのかにシャンプーの香りも漂っています。

いかがですか?
全ての情報を拾い集めればその量は計り知れないはずです。
しかし、そんな無意味な作業に耐えられますか?
いちいち全ての情報をチェックしていたら生きていけません。
それこそへとへとに疲れきってしまいます。
興味のある情報、大切な情報だけに集中したいはずですし、
またそうする方が生きる上では効果的でしょう。
風流な気分に浸りたいときはともかく、
虫の声も気になりだすとただの”雑音”に過ぎません。

そこで、大脳は重要でない情報には見向きもしません。
これを感覚情報のゲーティング(sensory gating)といいます。
重要な見逃せない感覚情報を選び出し(gating in)、
そうでない場合にはあえて無視する(gating out)するのです。
こうすることで大脳に過大な負担をかけず、
重要な情報だけを効率的に処理し、
ひいては適切な行動を迅速に決定することが可能になります。
そうすれば、”省エネ”にもなります。

脳の重さは、成人男性で約1500g弱です。
いくら人間の脳が巨大化したといっても、
全体重の2~3%を占めるにすぎません。
その脳が身体全体の20%のエネルギーを消費するのです。
これがもっと活動するなんて言い出したら、
それこそ脳だけにエネルギーを奪われてしまいかねないのです。
脳が大事なのはいうまでもありませんが、
身体が朽ち果ててしまえば脳も自滅するしかない……

brain for body, body for brain 

エネルギーの独り占めは許されません。
それなのに感覚情報のゲーティングが破綻してしまったら、
大脳には”感覚情報の洪水”が押し寄せることとなるでしょう。

感覚情報は、全て視床を経由して大脳に入力されます。
しかしただの中継点ではなく、
ここで情報を選別していると考えられています。
つまり、フィルターの役割を果たしているわけ。
ただし、視床の中にも役割分担があります。
昨日紹介した体性感覚野に情報を送るのは【後腹側核】ですが、
今日注目したいのは【背内側核】の働きです。

脳-6

視床の中でも【背内側核】は、
大脳の一番前の方、前頭前野(prefrontal cortex)に情報を送ります。
ここが中継するのは体性感覚や内臓感覚ですが、
特に深部痛や内臓痛を送ります。
つまり、痛み(pain)の伝導路なのです。
さらに嗅覚情報も【背内側核】を経由すると考えられています。

さらに重要なのは、情動(emotion)にも関与するということです。
「快情動」や「不快情動」は迅速な行動を可能にしますが、
融通が利かず、ときとして自己中心的になりがちなのが欠点。
そこで前頭前野で理性(reason)の判断を仰ぐのです。
頭に血が上っても、冷静になれば怒りも収まります。
こうして、赤の他人と強調しながら生きていけるのが人間の素晴らしさでしょう。

しかし、大脳の情報処理能力には限界があります。
そこで前頭前野の活動量が上がると、
視床にフィードパックをかけて感覚情報の流入を制限します。
いわば、フィルターの目を細かくするわけですね。
今は忙しいから、緊急の情報しかよこさないで!
さしずめそんなところです。

ところが恒常的に忙しくなると、前頭前野はオーバーワークに陥ります。
すると”たが”が外れたように、
次から次に感覚情報がなだれ込み始めます。
そうなると、痛みや匂いの感覚を制御できなくなる――
どうでも良い些細な情報まで無視できなくなり、
限界を超えた前頭前野はもうへとへとです。
燃料も足りなくなって疲労感に悩まされる――
ぐったりして情動のチェックがままならなくなれば、
理性なんかどこかに吹っ飛びます。

そうなると、悪い連鎖が始まってしまう。
情報処理の破綻から行動が決定できなくなり、
不安が頭をもたげ始めます。
視床の【背内側核】が侵されると、
強い不安状態に陥ることが知られているのです。
これって、精神的ストレスが強まるってことじゃありませんか?

こうした状態が病的になるまで進行してしまった結果が、
うつ病(depression)なのかもしれません。
事実、うつ病と前頭前野の関係が注目されています。
情報処理が混乱すれば、どうしたら良いのか答えなんか出せません。
心身ともに疲れきり、何をする気力も沸いてこないのです。

情報は量が多ければ多いほど良いというわけではなく、
むしろ弊害も見逃せません。
それでなくても、現代社会は脳にとっても刺激が多すぎます。
過度の負担をかけないためには、
できれば”仕事”をセーブしてやるくらいでちょうど良いのかもしれません。
そして、休養も大事。
睡眠とは脳を休める大切な行為です。
というわけで、今日はもう眠ることにします



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

完成見学会のご案内

9月5日(土)・6日(日)、大泉町で開催します。

詳しくはこちらをご覧下さい

実際にお客様の目で確認していただくのが目的ですから、
煩わしいアンケートなど一切ありません。
どうぞ、お気軽に足をお運びください。
みなさまのご来場を、心よりお待ちしております。


■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/262-e6bdde72

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。