世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 住まいの医学 > 母親は子供の匂いを嗅ぎわける  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親は子供の匂いを嗅ぎわける

2009 - 10/16 [Fri] - 23:58

みなさん、お気づきでしょうか?
今、キンモクセイが花盛りです。
キンモクセイの香りはとても強く、芳香剤にもよく使われています。
ところが匂いに過敏な化学物質過敏症になると、
秋の香り、キンモクセイの香りがとても辛いようです。
家内もその一人ですが、他にも同じような声を耳にします。
ということは、単なる思い過ごしというわけではなさそうです。

キンモクセイ

キンモクセイの香り成分の内、特徴的なのはγ-デカラクトンのようです。
ピーチやココナッツのような香りが特徴的ですが、
実はステーキや焼肉の香り成分の一つとしても有名です。
和牛には特に多いことが知られています。
意外かもしれませんが、
不飽和脂肪酸の酸化によって生じることがわかれば納得。

ただし、γ-デカラクトンは半揮発性有機化合物(SVOC)です。
そこで遠くまで漂ってくる香りは、
むしろcis-3-ヘキセノールやリナロールが主体ではないかという指摘もあります。
なるほど、そうかもしれません。

cis-3-ヘキセノールとリナロールは植物の香りとしてメジャーなもので、
中でも緑茶から発見されたcis-3-ヘキセノールには、
【青葉アルコール】の別名があるくらいです。
まさに、新緑の香り。
リナロールも茶葉に含まれる代表的香り成分ですが、
その他ラベンダーやスズランなど多くの花の香りに含まれます。

このリナロール、なんでもドーパミンの分泌を促すという話しがあります。
確かな情報ソースは目にしていないのでなんともいえませんが、
あり得ない話しではないでしょう。
リモネンやピネンなどにも、同様の薬理作用は確認されています。

そこで、こういう話が出てくる。
頭の中のドーパミンが増えるなら、きっと良い効果があるはず!

  幸福感を与える、気分を明るくする、不安を和らげる

アロマテラピーのサイトをご覧になれば、
こんな【効能】が並べられているはずです。
しかし、果たしてそんなに単純な問題でしょうか。
ドーパミンが増えれば増えるほど良い――?
それでは、今日はこの【多いほどOK】の真偽を検証してみましょう。

ということで。
昨日の話の続きからの始まりです。

母親の脳は、子育てを楽しく感じる脳に”改編”されます。
そのときに重要となるのが脳内ケミカルの働き。
オキシトシンやバソプレシンによる不安軽減効果と、
ドーパミンによる報酬効果が、
前頭前野で連合することで【母性】は完成します。
すると、「育児って快感!」と感じるようになっちゃうわけ。

しかし、情報はこれだけで十分でしょうか?
他人の子供に愛着を感じても意味がありません。
愛情をわが子一身に注ぐためには、
自分の子供と他人の子供がきっちりと区別できないと……

そこで重要になってくるのが感覚情報です。
母親は五感をフル稼動してわが子を識別し、
決して他人の子供と間違うことはありません。
お母さん、恐るべし――です。
実際、子供の笑顔や泣き声に、
母親の脳が敏感に反応することが確認されています。
視覚や聴覚で子供を認識しているんですね。
子供に関する詳細な感覚情報も前頭前野に集められ、
【自分の子供】という”フォルダ”に大切にファイリングされるのです。

ところで、嗅覚情報は活用されているんでしょうか?
人類は視覚を重視する動物で、
嗅覚は退化的だといわれています。
子供の匂い――なんて気にしていないと思うかもしれません。
ただし、私には妙に忘れられない記憶があります。
子供が生まれてまだ間もない頃、
家内は幼子の頭をしきりにクンクンしていたんです。

赤ちゃんの頭って、とてもいい香りがする

家内はそういっておりましたが、
当時はわけもわからず、内心「変な奴」とバカにしていました。

しかし赤ちゃんの匂いは、
母親にとってとても重要な意味を持っている可能性があります。
昨日も紹介したように、
側坐核(NAc)から前頭前野への出力は視床を経由します。
さらに細かくいえば、
視床の大細胞群に含まれる背内側核(MD)が中継核ですが、
実は嗅覚情報も同じルートを通って前頭前野に送られるのです。

これに対して、
視覚の中継核は外側膝状体(LG)、聴覚は内側膝状体(MG)が中継します。
いわば別行動をとるわけで、
側坐核と同じ道を通ることを許された嗅覚とは明らかに違います。
こうした脳内の”配線”を考えれば、
むしろ嗅覚こそが最も根源的な感覚情報であることを伺わせます。

それでは、母親は子供の匂いを識別できるんでしょうか?
母親と赤ちゃんのコミュニケーションという問題に関して、
篠原一之先生(長崎大学大学院)らの非常に興味深い研究があります。
新生児が身に着けていた肌着の匂いを母親に嗅いで貰い、
気分の評価を比較してみたのです。
「コントロール」には、新生児が着用していない肌着を使用しています。

図をクリックすると拡大します
オキシトシン-7

産後4~5日の母親19人に協力していただいた結果、
赤ちゃんの匂いで母親の精神状態がリラックスすることがわかりました。
【不安】【怒り】のスコアが軽減し、
反対に【意欲】【快】【親しみ】【幸福感】のスコアが上がっています。
そして、【母性】が喚起されている!
出産を経験していない12人の成人女性にも同じ実験をしましたが、
赤ちゃんの匂いによる特別な気分の変化は観察されなかったそうです。

しかし、私が注目するのはらさにその後です。
1ヶ月検診時の母親9人に同じ実験をしたところ、
産後4~5日の母親と明らかな違いが観察されます。
2つの【グラフ】をじっくりと見比べてください。

【意欲】【快】【親しみ】【幸福感】、そして【母性】――
こういったスコアが赤ちゃんの匂いで上昇するのは同じですが、
1ヶ月検診時の母親は、自分の子供の匂いだけに反応しています。
産後4~5日の段階では、
自分の子供と他人の子供の匂いをまだ区別できていない様子が伺える。
それが産後1ヶ月経つころには、
自分の赤ちゃんの匂いをはっきりと嗅ぎ分けているのです。
まさに、お母さん、恐るべし――

篠原先生らが行った別の実験では、
赤ちゃんの匂いを嗅ぐと前頭前野の活動が活性化していました。
これは母親だけに見られる現象で、
成人男性や未出産の成人女性にはこうした変化が生じていません。
そこで、こう結論している……

  前頭前野が母親の母親らしさをもたらす

これは、母性は最終的に前頭前野で形成されるという意味でしょう。
いい換えれば、
前頭前野で行われる連合学習(associative learning)こそが重要――ということ。
ラットを使った動物実験でも、
前頭前野を破壊すると母性行動が消失してしまうといいます。

話しを整理しましょう。
オキシトシンやバソプレシンが”母性物質”というわけではありません。
ドーパミンが分泌されるから母親になるのでもありません。
こうしたシグナルが前頭前野に集結し、
子供から得られる感覚情報と連合されることで母性が生じるのです。
この連合が適切に行われるためには、
神経活動のonとoffの切り替えが重要になります。

赤ちゃんの笑顔を見て、泣き声を聞き、そして匂いを嗅いだとき、
まさにその瞬間にオキシトシンやドーパミンが発射される必要があります。
コントラストが強ければ強いほど、
前頭前野では強力な連合が行われることでしょう。
神経活動はメリハリが命なのです。

しかし、だらだらと慢性的にドーパミンが分泌されたらどうなるでしょう?
蛇口を締めても水滴が滴り落ちるように、
いつもドーパミンが脳内に”滴り落ちる”のです。
そんな状況では、育児の報酬価が際立たなくなってしまう。
重要な情報と無視して構わない情報の区別も付かなくなり、
前頭前野はてんやわんやの大混乱……

  この情報はいったいどの情報にくっ付ければいいの?

不適切な連合が行われれば、
育児が気持ちいいと感じられなくなってしまう危険を孕んでいます。

こんな話を知ってるでしょ?
狼が来たぞ~~~
そう聞いて、村人は一斉に外に飛び出してきます。
しかし悪戯だった。
そんなことが毎日繰り返されれば、
本当に狼がやって来ても誰も信じなくなってしまいます。
シグナルにとって重要なのは強弱であり、
ただ無闇にドーパミンを分泌させれば良いという問題ではありません。
出すときには出す、止めるときには止める――
onとoffが明確であればあるほど、
【信号】は効果を発揮します。

しかも、最近になってこんなことがわかってきました。
前頭前野の機能とドーパミンとの間には、
特徴的な逆U字型特性があるというのです。

オキシトシン-8

これは高橋英彦先生(放射線医学総合研究所)の論文に掲載されている【図】です。
横軸は前頭前野のドーパミン受容体結合能(binding potential)で、
右に行くほど結合能が上がります。
簡単にいえば、ドーパミンの作用が強くなるとご理解ください。
縦軸はWCST(Wisconsin Card Sorting Test)のエラー数です。
WCSTは代表的な前頭葉機能検査で、
間違いが多いほど前頭葉の機能低下を意味します。

一般的に、統合失調症の患者さんは受容体結合能が低い。
これは前頭前野のドーパミンの伝達過少の結果で、
それに伴って前頭前野の機能が低下していると考えられています。
ところが、これとは違う報告も出てきました。
前頭前野の受容体結合能が高いケースがあるというのです。
それでは前頭前野の機能も高いのかといえば、
どうもそうではないらしい。
やっぱり、機能が低下している点では同じでした。

こうした矛盾する現象を説明するのが、
前頭前野におけるドーパミン神経の【逆U字特性】です。
そして高橋先生が健常者を対象にして行った実験でも、
そのことを裏付ける結果が出たというわけ。

腹側被蓋野のドーパミン細胞が活性化するのに伴って、
その投射先である前頭前野にはドーパミンが分泌され始めます。
その結果、WCSTのエラー数が少なくなる。
つまり、前頭前野の機能が向上するということですね。
ところが”ある地点”を境にして、
WCSTのエラー数が再び増加に転じます。
【前頭前野の機能】という観点から見れば、
まさに逆U字型のカーブを描くのです。

このことは、前頭前野のドーパミンに最適濃度があることを伺わせます。
ドーパミンの分泌が少なすぎるのはダメ、
そうかといって多すぎても逆効果ということです。
むずかしい話しのようですが、
実は誰でも日頃から実感している現象です。

問題集を選ぶのに、
自分のレベルより低すぎる問題では興味が沸きません。
そうかといって、難しすぎるとやる気が失せます。
自分のレベルよりちょっと高いくらい、
そうなると問題を解くのが楽しくなりませんか?
恐らく、易しすぎる問題ではドーパミンが少なすぎる。
難しすぎると多すぎるということなのでしょう。

前頭前野の機能が低下すると、感覚情報のゲーティングも破綻します。
脳内には関係のない雑多な情報が溢れかえり、
これを整理することができません。
そうなると、連合弛緩(連合障害)が起こってしまう。

もしこんなことが母親の脳内で生じたらどうなるでしょう?
母親にとって重要なのはわが子の匂いであり、
他人の子供の匂いなんか、はっきりいってどうでも良い。
だから、脳は無視します。
しかしこうした自動処理機能が働かなくなってしまうので、
前頭前野には匂い情報が雪崩のように押し寄せる。
まさに、嗅覚過敏の状態です。

そうなれば、子供の匂いとオキシトシンが結びつかなくなります。
側坐核の発する「気持ちいいぞ」というシグナルと一致しなくなります。
挙句の果てには、
子供なんて可愛くない、育児なんて楽しくない――
そんな不適切な連合すら生じてしまい、
母性は根幹から崩れ去ってしまうことになるでしょう。

もちろん。
前頭前野の機能低下が引き起こす問題は、
母性の喪失という事態だけではありません。
患者数が増加しているという うつ病 でも、
前頭前野の活動が低下していることが指摘されています。
恐らく、化学物質過敏症の原因も同じでしょう。
だからといって、脳味噌に大量のドーパミンを注入すれば問題解決!
そういう問題ではないということです。
脳のメカニズムは、もっと繊細で複雑にできています。

昨今の健康ブームは、あまりにも単純過ぎないでしょうか?
これは健康に良い、だからたくさん摂取しましょう――
でも、ご飯だって食べ過ぎれば太る。
太リ過ぎるのは健康に良くないでしょ?
ドーパミンだって同じということです。

挙句の果てには、「天然成分や自然素材なら健康に良い」なんていい出す始末。
それなら、トルエンはどうなるんでしょう?
もっと脳内のドーパミン濃度を上げる効果があります。
しかし、「トルエンを吸うのは健康に良い」――
誰もそんな風には思わないはずです。 



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ


■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/298-2901f810

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。