世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 住まいのメンテナンス > 忘れちゃいけない、給気口のフィルター交換  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れちゃいけない、給気口のフィルター交換

2009 - 11/12 [Thu] - 23:59

昨日は急用が入って更新できませんでした。
申し訳ございません。

新型インフルエンザが流行っているせいか、
空気清浄機の売れ行きが良いということです。
家内の職場でも、50万円もする業務用の空気清浄機を購入したらしい。
ところがこれを設置した日から、
家内は激しい頭痛に見舞われ、身体中の節々が痛いと嘆いています。
なんでも、塩素臭いというのです。
さっそく調べてみると、それも当然だと納得。

さらに興味深いこともわかりました。
いろんな呼び方で各社優劣を競っていますが、
基本的には殺菌メカニズムはほぼ同じようです。
要は【活性酸素】を利用してる。
それなら……

ウイルスウォッシャーとかプラズマクラスターってなんなのさ(?_?)

この話題をちょっと取り上げてみたいと思いますが、
その前に”お約束”を果たすのが先決です。

ということで。
今日は換気のメンテナンスのお話です。
機械換気の効果を維持するには、
【給気側】と【排気側】のメンテナンスがそれぞれ必要不可欠。
今日ご紹介するのは【給気側】のお手入れになります。

「FPの家」の壁には自然給気口(換気レジスタ)が付いています。
私の家には合計7ヶ所設置されていますが、
簡単にいえば外の新鮮な空気が入ってくる”穴”です。
ただしここからは空気だけでなく、
砂塵・花粉・自動車の排気ガス・虫が入ってくることも可能――
家の外と中を直結するトンネルなんだから当たり前でしょ?

しかし、誰だって空気だけを入れたいと思うはず。
まして……家族に花粉症の方がいればなおさらです。
給気口から花粉が入ってくるなんて考えただけでゾッとしちゃう(+_+)
そこで大抵の自然給気口にはフィルターが入っているはずです。
これで花粉などをシャットアウトするわけですが、
「FPの家」も例外ではありません。

ところが、一口にフィルターといってもその効果はまちまち。
フィルターが厚ければ厚いほど効果があるというわけでもなく、
目の粗さも重要なポイントになります。

換気-4

これが私の家のフィルター装備ですが、
室内の給気口に標準品として付いているのが【4】です。
しかし花粉症の私はこれだけでは物足りなくて、
【2】と【3】のフィルターを独自に追加しています。
これで給気口のボックスの中のフィルターは3層になっています。

写真の上段は未使用の状態で、
これが3ヵ月後には下段の状態になります。
ご覧の通り【2】は真っ黒に汚れていますが、
【3】~【4】となるに従って汚れが少なくなっていってるでしょ?
家の中に入ってくる外の空気が、
フィルターによってろ過されていく様が一目瞭然です。

ちなみに、【3】と【4】のフィルターは厚さ5mmですが、
【2】は紙よりも薄い代物です。
実は、台所換気扇の油防止フィルターを転用したもので、
薄いフィルターを2枚重ねにして使っています。
ところが、こいつが意外に侮れない――
厚さは薄くても目が細かいので、
【3】や【4】以上に花粉や砂塵を見事にシャットアウトしてくれるのです。

このように多層構造にすることで効果はUPしますが、
私の家では屋外フードにもフィルターを付けています。
それが左端の【1】で、これも台所換気扇フィルターの転用。
【2】だけでなく屋外の【1】とのダブルブロックで、
外気の汚れはあらかた阻止されてしまいます。
そしてこれを突破されたとしても、
あとは【3】と【4】でほぼ完璧に遮断してしまうという作戦です。
特に最前線の【1】の効果は大きく、
花粉症でお悩みの方にはおススメでございます。

換気-5

屋外フードの形状は様々ですが、
私の家ではこんな感じでフィルターを付けています。
多少汚れても目立たない場所なので、
構わず両面テープで貼り付けてあるだけです。
ただし、お値段の安い両面テープはおススメできません。
糊がべったりこびり付いて剥がれなくなってしまいます。


作り方はいたってシンプル。
まず、大きなフィルターに屋外フードの形を描きます。
最初に左下のような型紙を作ってしまうと、
2回目以降はとっても楽チンになります。

換気-6

形に合わせて両面テープを貼ります。
カーブがある場合は厄介ですが、
適当に折り重ねながら上手く貼って下さい。
どうしても上手くいかない場合には、
両面テープを細かくカットしながら継ぎ足すと良いでしょう。

換気-7

両面テープが貼り終ったら切り抜きます。
ハサミを使うより、カッターナイフで切る方が楽です。
正確さが要求されるわけではないので、
少しくらいずれても気にする必要はありません。

換気-8

こうして出来上がったら、あとは屋外フードに貼り付けるだけ。
まず下の位置を決めて固定したら、
優しく奥の方に少しずつ押し上げていきます。

これで完成\(^o^)/

いうまでもないことですが、
2階の屋外フードにこの方法は採用できません。
幸い私の家には足場があるので、
2階の屋外フードにも全てフィルターを付けています。
ただし室内側のフィルターを強化するだけでも十分効果があるので、
ベランダから無理な姿勢で付けたりしないで下さいね!
転落事故でも起こしたら大変です。

最後に、これだけは忘れないで下さい
新築間もない頃はメンテナンスにも熱が入るのですが、
時とともに億劫になっていくのは仕方ありません。
だからといって、サボってしまうととんでもない事になります。

紹介したような4層のフィルターをセットした場合、
私の家の7ヶ所の給気口から入ってくる実際の空気量は1時間に 83㎥ です。
これが写真のように汚れると、いったいどのくらいになると思いますか?
厳密な測定ではありませんが 約63㎥ でした。
たった3ヶ月で24%も低下したことになります。
それでは……

  フィルターを交換しないまま放置したらどうなる?

答えはいうまでもないでしょう。
フィルターを強化するほど室内に入ってくる空気はキレイになりますが、
その分、メンテナンスをこまめに行う必要があります。
フィルターの目が細かいほど、目詰まりも早く起こしてしまいます。
そうなると空気そのものが入って来なくなる――
それでは給気口の意味がなくなってしまうので、
メンテナンスが面倒臭いと感じる方は、
いっそのことフィルターなんか付けない方が宜しいかもしれません。

確かに砂塵や花粉を防ぐことができず、
小さな虫も入ってくるでしょう。
でも、”穴”が塞がれて空気が入って来なくなるよりましだと思います。

 それなら「FPの家」より普通の家の方がいいんじゃないの(?_?)

いえいえ。
「FPの家」のような高気密住宅は、空気の通り道が給気口に集中しています。
そこでここから入ってくる花粉や砂塵がやけに目立つわけですが、
普通の気密性の低い家は、
考えようによってはもっと大きな”穴”が開いているんです。

窓を閉めていても、小さな虫がどこからともなく入ってきます。
お風呂場には団子虫やゲジゲジもいるでしょ? 私の家では見たことがないです
風の強い日にはフローリングの上がザラザラし、
花粉の季節には家の中にいてもくしゃみや鼻水が止まりません。
隙間が分散しているせいで目立ちませんが、
これを家全体で合計すれば、
「FPの家」の給気口よりよほど”大きな穴”が空いている計算になります。

そこでいくら給気口のフィルターを外しても、
隙間の多い低気密住宅よりはまだマシだとお考え下さい。
でもやっぱりキレイな空気の方が良い――
そりゃそうですよね!
それなら、フィルターを活用しましょう。
「FPの家」は空気の入り口が給気口に集中しているので、
ここさえしっかり抑えてやればOKです。
そうすれば、家の中にはフィルターでろ過された空気が入ってきます。

ただし、くれぐれもメンテナンスはお忘れなく。



猫マーク ブログランキングに参加しています。
 ポチッとしていただければ感謝です。

 人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ


■ 過去の記事を検索する方法のお知らせ

『月別アーカイブ』、もしくは『カテゴリー』をクリックすると、
最初に一覧が表示されるように改造しました。
タイトルをクリックすると、該当する記事に移動します。
これまで書いた過去の一覧を見たい方は、
『全記事表示』をご利用下さい。

読みやすいブログになるよう、
これからも少しづつ手を加えていきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/312-869827f8

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。