世界でたった一つしかないあなただけの家  FPだからできる夢の大空間

  「FPの家」槻岡建設のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 今日の「FPの家」 > コタツは好きだけど・・・  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コタツは好きだけど・・・

2009 - 02/09 [Mon] - 11:58

昨日は、一日中北風がぴゅーぴゅーーー
こういう日は、実際の気温以上に冷え冷え感じます。
でも「FPの家」の中はいたって静か……
そして、相変わらずあったか~い冬を過ごしています。 ホッカホカ

ちなみに、みなさんコタツは好きですか?
私も大好きでした
首までコタツにもぐってうとうと……

極楽ーーーー

まさに、日本人しか味わえない”贅沢”ですね。

ここが最高!

子供がソファーでうたた寝を始めると、
脚の間にビッタリはまって猫も一緒にお昼寝……
私の家の猫にとっては
そこが最高の”コタツ”みたいです。

しかし、私はコタツに苦い思い出があります。
まだ子供だった頃、コタツで暖まりながらテレビを見ていました。
すると、一緒にいた兄の一声!

ミカンを持って来い!

当時の兄は暴君のような怖い存在でした。
でも……コタツから離れたくない。 だって寒いもの
そこで……

食べたいなら、自分でとりに行ってよ

そう反抗したとたん、
「なにーーー」といってパンチが飛んできました。 痛かった~(T_T)

コタツから離れられない生活なんて嫌いだーーー

さらにもう一つ。
学生時代にも恐ろしい体験をしました。
狭い6畳一間での一人暮らし。
案の定、またまたコタツでうたた寝をしちゃいました。
そのまま朝まで寝てしまった……

ところが、朝起きてビックリ!
コタツ布団がなにやら”ごわごわ”しているじゃ~ありませんか!
原因は石油ストーブでした。 芯で火力を調節するストーブでした
ストーブの火で熱せられ、布団の表地が融けていたんです。 

幸い、発火しなかったから良かった。 ホッ
もし燃えていたら……
とっくにあの世へ行っていました(*_*)

そこで、いざ家を建てようというときに考えた

どうせなら、コタツを使わないで暮らせる家にしたいな~

それにはどうしたらいいの(?_?)
そうだ、家を丸ごとコタツにしちゃえばいいんだ!!!

「FPの家」は、家中がぽかぽかです。
今の私の家にコタツはありません。
だって、家全体がおっきなコタツですから……

今朝の「FPの家」(7時00分)
リビング19℃[湿度47%]、キッチン18℃[湿度40%]
トイレ17℃[湿度40%]、洗面室19℃[湿度47%]
寝室20℃[湿度50%]、子供室20℃[湿度47%] 

外気温   -1℃】

【空っ風】で有名な群馬県。
恐ろしいほど乾燥が激しいです。
でも、加湿器のおかげで室内湿度は40%以下になっていません。
猫の毛もしっとりしている。

一度だけ長男が38℃の熱を出しました。

もしかしてインフルエンザ?

大慌てで病院に駆け込みましたがただの風邪……
翌朝には平熱に戻っていました。
それ以外は、家族はいたって健康です(*^_^*)


ブログランキングに参加しています。
ぜひとも、↓を1回づつクリックしていただきますようお願いいたします

人気ブログランキングバナーにほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ

■■■ お知らせ ■■■

ただ今、オープンハウスにて「FPの家」を体感していただけます。
ぜひ体感してみたい!!!
という方は、こちらをご参照下さい。
ご希望の日時に、スタッフが現地までご案内いたします。


スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fptsukioka555.blog86.fc2.com/tb.php/94-063c0243

 | HOME | 

プロフィール

fp-tsukioka

Author:fp-tsukioka
群馬県の「FPの家」施工会社
店舗・工場・公共工事の施工もします

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

全記事表示

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

いらっしゃいませ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。